JIKEI SPORTS ACADEMY

ドイツ・サッカー研修レポート vol.5

2016年12月5日(月)~13日(火)の期間で、
JSA主催のドイツサッカー研修を実施しました。

研修の様子を5回に分けてご紹介いたします。
この研修は毎年開催予定ですので参考にしてください。

レポート vol.1 はこちら
レポート vol.2 はこちら
レポート vol.3 はこちら
レポート vol.4 はこちら

-----

【6日目】
12月10日(土)

この日は、研修期間中、唯一の晴れでした!

本日もドイツ人コーチからのトレーニング実践でした。
グラウンドは前回に引き続き、
アイントラハト・フランクフルトのユース施設です。



参加者のみなさんは気持ちよくサッカーをしていました!
本場のサッカーを3試合観戦したこともあり、
心なしか皆上達していた様な気がします。

この日の午後は、参加者全員でフランクフルト近郊の
アウトレットでショッピングを楽しみました。

-----

【7日目】
12月11日(日)

この日は、フランクフルト在住の日本人向けに
サッカースクールを運営している、
「KM Sports」さんを訪問しました。

午前中はサッカースクールのアシスタントコーチを
体験させていただきました。


この研修で学んだ知識と技術を活かしながら、
子ども達の指導に当たっていました。

午後は、「KM Sports」代表の増嶋義己さんより
講義をしていただきました。


テーマは「ドイツにおけるサッカービジネスの可能性」。
大学卒業後、渡独して会社を起業した増嶋さんのお話は
参加者達にとって、非常に刺激的な内容でした。

-----

【8~9日目】
12月12日(月)~13日(火)

最終日は、帰国便までの間、自由行動でした。
各々、フランクフルト市内観光を楽しんでいました。

そして帰国の途へ。

19:10 フランクフルト空港出発
~フライト11.5時間~
14:40 成田国際空港到着

通関・入国審査後、現地にて解散。
無事全日程、怪我人・病人もなく終了しました。

-----

今回の研修では、世界チャンピオン・ドイツの
世界チャンピオンたる所以、
文化として確立されているサッカー、
国民の生活の一部としてのサッカー、
などなど、多くの気づき・学びがありました。

もともと日本はドイツサッカーに倣ってきましたが、
まだまだドイツに学ぶことは多いな、
と感じた9日間でした。

日本がワールドカップで優勝しようと思ったら、
間違いなく、ドイツを負かさなければなりません。
参加者のみなさんには、この研修で学んだことを
各々の立場で活かしていただき、
日本サッカーの躍進に繋げていって頂きたいです。

日本サッカーのワールドカップ優勝を夢見て。

(c)Copyright Sports Achademy All Rights Reserved.