JIKEI SPORTS ACADEMY

第2回全日本ヘディス選手権決勝大会が開催されました。ver.2

2018年6月17日(日)、
東京スポーツレクリエーション専門学校(TSR)で
第2回全日本へディス選手権大会を開催しました。
(詳細→http://headis.jp/news/20180617/

準備・運営はTSRのスポーツビジネス実践科の
学生が行いました。

-------------------------------------------------------------------
【へディス(HEADIS)とは?】
簡単に言えば “ヘディング卓球” です。
卓球台をはさみ、直径15.9cmの専用ボールを
ヘディングで打ち込む、
2006年にドイツで発祥された新スポーツです!!
-------------------------------------------------------------------

【決勝予選】
全国のイオンモールで開かれた予選を勝ち抜いた
14名の選手が参加。
予選から接戦が繰り広げられ、白熱していました。
予選はグループA、グループBに分かれ、
それぞれ上位2名が決勝トーナメントに進みます!!

【インタビュー】
決勝予選終了後、選手の方々にインタビューをしました!

■天野 研太 選手
天野選手は、今大会最年少の13歳で中学2年生!
元日本代表DF秋田豊さんも出場した関東予選を突破し
今大会に進んだ注目選手です!!
2年前に父であり今大会にも出場している
天野哲也選手に誘われてヘディスを始めたそうです。
ヘディスを始める前は、サッカーをしていました。
予選を戦ってみて「みんな強かった」と笑顔で話しており、
楽しそうにヘディスをしているのが印象的でした!

■十川 和也 選手
十川選手は、前回大会準優勝者であり、
今大会の優勝候補の1人です。
今大会の意気込みを聞くと、
「優勝します」と力強いお言葉をいただきました。
中学時代までサッカーをしており、
昨年の東海大会に同級生が携わっている関係で
ヘディスを始めたところ、準優勝という輝かしい
結果を収めた天才プレーヤーです!
天野研太選手について聞いてみると
「可愛くて、上手かった」と話していました。

【予選結果】
グループA

グループB

【決勝トーナメント】
決勝トーナメント(準決勝)は、
十川和也選手 vs 松野翔太選手
天野研太選手 vs 平野伸幸選手
のカードとなりました。

結果は、接戦を制し十川和也選手と平野伸幸選手が
決勝に進出しました!

【決勝戦】
十川和也選手 vs 平野伸幸選手
2年連続同カードでの決勝戦になりました。

結果は、、、

第2回全日本ヘディス選手権・優勝は
平野 伸幸 選手!!!!!

圧倒的な強さを誇り2連覇!!

最後に選手・関係者みんなで記念写真!

大会が幕を閉じました。

【最後に】
初めてヘディスを生で見て、想像の何倍もの迫力がありました。
卓球台の上に飛び乗るプレーや回転をかけたサーブなど、
驚くようなプレーが多くあり観戦しているだけで
楽しめるスポーツだと思いました。
また、今大会のように最年少の選手が決勝トーナメントに
進むことが出来るように、年齢問わず老若男女が楽しめ、
チャンスがあるスポーツだと思いました。

これからもヘディスに注目をしていきたいと思います。

【取材・文・写真 】
杉浦 輝 Hikaru Sugiura
東京スポーツ・レクリエーション専門学校
スポーツビジネス科1年 所属

(c)Copyright Sports Achademy All Rights Reserved.