JIKEI SPORTS ACADEMY

全国ユース招待サッカー大会にトレーナーを派遣しました。

昨年暮れの2017年12月25日(月)~29日(金)に、
茨城県神栖市にある「サッカータウン波崎」で
横山杯 第18回全国ユース招待サッカー大会
が開催されました。

この大会は、全国の高校、クラブチームの強豪が集まる
ユース世代最高クラスのサッカー大会です。
出場しているチームの多くは全国大会常連校であり、
全国優勝を経験しているチームも出場しています。
今回は49校、127チーム、
約2,500名の選手達が出場しました。

JSAはこの大会に5日間のべ23名のトレーナーを派遣し、
3会場にトレーナーブースを設置し、
選手対応を行いました。



5日間で利用件数698件、利用人数479名、
と沢山の選手の方々に利用していただきました。

選手対応の多くは試合前のストレッチやテーピング、
試合後のアイシングや怪我の処置、
試合中に起こる怪我に対しての応急処置や搬送でした。


対応はそれだけではなく、
怪我で試合に出られない選手に対してリハビリを行い、
大会期間中に復帰させてあげたり、
選手に正しいストレッチやアイシングなどの方法を指導し、
怪我を予防するアドバイスも行っています。


期間中は、宿舎に帰ってからもミーティングを行い、
怪我をした選手の情報共有や学びを深めて行きます。

そして翌日も選手が安全にプレーをするために、
何か改善できることがないかを毎日議論します。


今回も、選手や監督の皆さんから
「ありがとう!」
「助かりました!」
「適切で迅速な対応のおかげで悪化せずにすみました!」
など、たくさんの声を頂きました。

こういったお言葉が私達の原動力です。
ありがとうございました。

これからも、より良い選手サポート、
大会サポートができるようにがんばります!

(c)Copyright Sports Achademy All Rights Reserved.